簡単自転車ダイエット

お手軽に楽しみながら自転車でダイエットしちゃおう!
 

カテゴリー:ダイエット

2015年09月03日

実は短距離走行でも効果あり!自転車ダイエット!

自転車がダイエットに最適と言う事がわかっていても、20分以上乗らなきゃ効果が出ないと言われているし…。
毎日長距離自転車に乗るのはおっくうだな…。などと思ってしまい、ついつい先延ばしにして過ごしてしまう。なんてことありませんか?
そこでちょっとしたご提案。5分、10分の短距離走行でも自転車ダイエットに効果が期待できる方法をご紹介!!
確かに自転車の最大の効果を期待するのには20分以上から効果が出始める有酸素運動が効果的に脂肪を燃焼されることは多くの方に知られることですが、5分、10分の短距離走行で身体に負荷をかけて筋力アップを狙うと基礎代謝が向上して太りにくい体質になることが可能なんです!!
基礎代謝が上がれば、有酸素運動で脂肪を燃焼させることと平行して、自転車ダイエットを行うと相乗効果で理想的な体型変革を行える近道にもなりますよ!!
コツは坂道を走行したり、普段より重いギア比で走行することによって身体に負荷をかけて無酸素運動を意識すること!息が切れるくらいに身体に負荷がかかればOK!!無酸素運動は筋力アップに効果的なことはご存知な方も多いと思います。
私も通勤距離が短くてもこの方法で理想的な体型を維持できています!!特に遅刻しそうな時は効果がさらにアップかも!?必然的に必死になりますから(笑)
posted by しん at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2013年06月02日

お酒とダイエットとの関係

わたしはお酒が好きである。
ダイエットの天敵と思われがちなお酒のカロリーは
実は以外と少ないものなのだと言うことを
ご存知でしょうか?


ちょっと調べてみると・・・・

ビール(大瓶:633ml)・・・・・・・・・・・・・248kcal
日本酒(180ml)・・・・・・・・・・・・・・198kcal
ウイスキーダブル・・・・・・・・・・・・150kcal
赤ワイン(213ml)・・・・・・・・・・・・160kcal
白ワイン(213ml)・・・・・・・・・・・・155kcal
ロゼワイン(213ml)・・・・・・・・・・147kcal
スキュリュードライバー(150ml)・・・・220kcal
モスコミュール(210ml)・・・・・・・・・・・195kcal
フローズンダイキリ(120ml)・・・・・・・・220kcal
ソルティドッグ(210ml)・・・・・・・・・・・・210kcal
ジンライム(210ml)・・・・・・・・・・・・・・・105kcal
マティーニ(90ml)・・・・・・・・・・・・・・・・160kcal
ジントニック(210ml)・・・・・・・・・・・・・・105kcal
マンハッタン(90ml)・・・・・・・・・・・・・・160kcal
カルアミルク(210ml)・・・・・・・・・・・・・・235kcal
カンパリソーダ(210ml)・・・・・・・・・・・・120kcal
レモンチューハイ(250ml)・・・・・・・・・135kcal
意外とハイカロリーですよね?

しかし・・・

アルコールはエンプティカロリーといって
すぐに熱となって外に放出されてしまいます。
つまり、純粋なアルコールはカロリーとして
体に蓄積されないんです!
体内に蓄積されるのは原料から出るカロリーだけなんですね。

ビールの大ジョッキ、蓄積されるのは89kcal。
日本酒1合では42kcal。
白ワインはグラス1杯でわずか11kcal。
酎ハイは割る物によってカロリーが変わってきます。
蒸留酒であるウイスキーは全てがエンプティカロリー!!
身体にのこるカロリーは0なんです!
0ですよ!!0!!!

じゃあお酒を飲むと太ると言われるのはなぜでしょう?
実は、太る直接の原因はおつまみにあります。
しかも、お酒には食欲増進の作用がありますから、
ついついメニューオーダーが増えてしまいがちです。
太る原因は、決してお酒のせいではなく、
おつまみの食べ過ぎにあるのです。

お酒と上手に付合えばストレス発散にと
明日への活力にもなります。

休日についついお酒の友にと、食べ過ぎてしまった
余計なカロリーは自転車にのって落としましょう。

でも、お酒を飲んで自転車に乗るのは
絶対にやめましょう。
わたしは以前、酒場に自転車で乗り付け
帰りに見事に転んで耳がちぎれそうになり、
血だらけで帰宅したことがあります(汗)

そんな無茶する人はいないと思いますが
一応念のために
posted by しん at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2013年05月26日

自転車で全身エクササイズ

自転車に乗ると鍛えられる主な筋肉はざっと10種類ほどで、
全身の引き締め効果が期待できます。
僧帽筋
アップダウンの路上で頭を持ち上げて前傾姿勢をキープするために働く筋肉
広背筋
ハンドルをキープしたり引き付けるときに働く筋肉
上腕二頭筋
自転車のハンドルを引き付けて加速するときに働く筋肉
上腕三頭筋
自転車に乗っている時に身体を支えたり、ハンドルを押し付けるときに働く筋肉
腸腰筋
ペダルをこぐとき後方から前方へ足をもっていくときに働く筋肉
脊柱起立筋
路面の情況により身体のバランスをキープするときに働く筋肉
腹直筋
脊柱起立筋と対で身体のバランスをキープするときに働く筋肉
大腿四頭筋
ペダルを踏込むときに働く筋肉
ハムストリング
ペダルを引き上げるときに働く筋肉
下腿三頭筋
いわゆるふくらはぎの筋肉のことでペダルを引き上げる時踵を上げることで働く筋肉
それぞれの筋肉の部位は下記の画像を
作成しましたのでご参照ください。
body.gif
いずれの筋肉も正しい姿勢で自転車に乗ることで
最大限に発揮できるのです。
全身の筋肉が総動員できれば基礎代謝が
上がり、ダイエットを加速する効果が期待できるでしょう。
posted by しん at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2013年05月22日

理想の体型を手に入れる近道は?

「何度もダイエットに挑戦してみたが結局失敗してしまった!」


こんな経験をお持ちの方は少なくないと思います。
さて、肥満とはどのような状態をさすのでしょうか? 簡単に言えば「からだの中に余分な脂肪がたまり過ぎた状態」のことです。現在では、BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)という判定法と体脂肪率での判定法の2種類が肥満度の指標として一般的ですね。
では、なぜダイエットの大敵「脂肪」は身体にたまってしまうのでしょうか。
それは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると身体に脂肪として貯えられます。

「そんなの当たり前じゃない!!」

と今さら説明するまでもないですね。
とすると摂取カロリーを控えればダイエットできるのか?
こたえはNO!です。

確かに摂取カロリーを抑えると体重の増加を一時的に抑えることができます。
しかし、消費カロリーは身体のどこで消費されるか意識したことありますか?
摂取されたカロリーの大部分は筋肉で消費されます。
太りやすい体質の人はこの消費されるべきカロリーの絶対量が
足りないこと、つまり筋肉量が少ない場合が多いのです。
摂取カロリーを抑えるだけのダイエットの弊害はこれだけではありません。
極端に摂取カロリーを控えると人の身体は
身体のタンパク質を分解して身体を維持しようと働き
なんと、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうんです!!
こうなるとより、消費されるカロリーが減ってしまい、
以前より控えた食事でも脂肪をためやすい身体になってしまうのです!!

筋肉をつけることはダイエットとして必要になる理由はまだありますよ!
それは、脂肪を持ち上げるということ。
モデルさんや女優さんがスタイルがいいのは単に脂肪が少ないからだけではないんです。
上を向いたバストやキュッと持ち上がったヒップは脂肪を持ち上げる筋肉がしっかりしているからなんでね。

身体全体の筋肉量は下半身に70%と集中しています。
ですから、自転車は下半身に集中してのダイエットとして
とても効果的なんですね。

身体の筋肉量を増やすことは脂肪を燃焼してやせるだけではなく、
太りにくい身体に改善していくことができるのです。

ダイエットとは単に体重を減らすことではなく、
体脂肪を減らすことに意識をむけましょう。

そうすれば理想の体型に一歩近付ける近道となるはずです。
posted by しん at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
ルミガン激安
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。